■お詫び■ 下記のバックカラーはTD BGCOLORタグを使用しています。Netscape Navigator2.0以前の方は再現されませんので※印の注釈からイメージをお願いいたします。

フォントカラー・サイズから受けるイメージ

※このお詫びのコメントは3.0では表示されていません。
※Netscape Navigator3.0以降でご覧の方は、このページを2.0でもご参照ください。隠しコメントが表示されます。ベストではないですが、このような回避策もあるという、参考例です。




.


フォントカラー
サイズから受けるイメージ

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■まずはモノクロ。正当派な雰囲気があって好感がもてます。まったくの黒ではないところが、目に優しいのです。




.

※バック色は■黒色です。(3.0でご覧頂けます)
フォントカラー
サイズから受けるイメージ

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■黒ベースに金と銀のイメージです。高級感を演出。本文も小さくし、読ませるというよりイメージづくりです。




.

※バック色は■こんな色です。(3.0でご覧頂けます)
フォントカラー
サイズから受けるイメージ

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■マホガニーにカッパーというイメージでしょうか。重厚感があって、落着いた雰囲気です。




.

※バック色は■こんな色です。(3.0でご覧頂けます)
フォントカラー
サイズから受けるイメージ

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■もっともノーマルな指定です。つまり、淡いバックカラー、少し目立つタイトル文字色、黒に近い本文色です。可もなく、不可もなく。癖が無いので多数の人に受け入れられますが、インパクトが無いのが欠点です。




.

※バック色は■こんな色です。(3.0でご覧頂けます)
フォントカラー
サイズから受けるイメージ

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■これは、印刷業界ではコダックカラーと言われている組み合わせです。非常にインパクトがあり、イエローとブルーのバランスもパンチがあります。しかし、Webでは、この青色は、リンク色なので注意が必要です。




.

※バック色は■赤色です。(3.0でご覧頂けます)
フォントカラー
サイズから受ける

一般に本文のサイズを大きくすれば親近感を出しやすいでしょうし、小さくすれば高級感がでますが、もう一つ大切なのは、タイトル文字と、本文文字のサイズ比率です。比率の差が少ないほど高級感があり、差があるていどあると親近感を感じやすくなります。全く同サイズでBタグをタイトルに使うのもいいでしょう。この場合識別しづらくなってしまうので色指定によって変化をつけましょう。また、バックカラーとの兼ね合いもありますが、タイトルと本文の色の差が大きいと親近感があり、近いと高級感を演出できるでしょう。例外的な組み合わせも多数あります。

■全体に彩度のある色使いで、ハレーションを楽しみます。非常にインパクトはあるものの、長時間見ていると疲れるため、トップページなど、ポイント的に使用するとよいでしょう。