D I G I T A L  G A L L E R Y
illustrator Yuzuru Miyahara



青物横町の未亡人



PowerMac7100/66AV ShadeIII(1.1.6) Photoshop(3.0J)

ShadeIII Lightでは、やはり制約が多くShadeIIIが半値になったところで購入しました。体全体をほとんどモデリングし終えたので(手先、足先耳は、まだ出来ていない。)ポーズを付け際物趣味の絵を描いてみました。余りどぎつくならなかったのは、3Dで制作したためで、Photoshop等で同じ内容のものを制作したとすると、もっとどぎつくなっていたと思います。この作品に使用したデータは[Wall Hip Machine]のデータとは違い、どの角度からでも奇麗です。ただ、顔を作るときに失敗し、アップでは奇麗なのですが、カメラが引くとおたふく顔になってしまいました。そこで急遽顔を縦に引き伸ばし、それでも膨らみ過ぎているほっぺたはPhotoshopで、削りました。Shadeで顔を作る時は、注意しましょう。(カメラが寄ると顔は尖っていきます。)この作品は、ほとんどShadeだけで仕上げました。耳と、髪だけPhotoshopで描き込みました。現在のShadeで人体をモデリングするのは、とても大変です。とくに、いたるところに張り損なった堤灯のようないやな皺ができ、それを消すのにモデリングの50倍以上の時間がとられます。本当に奇麗なデータを作るこつは、時間をかける以外になさそうです。この作品に使ったデータは、まだ未完成で、いつ完成するかは未定です。






掲載作品は作者のご好意により転載を許可されております。但し、使用の際は
後続ページにあります宮原氏へのEメールにてその趣旨をご連絡ください。

「戻る」は他の人の作品を見るときに---「進む」は作者のプロフィールへ
REWFF
CONTENTS

Senden Club Yonago Home Page since 1995 December
snobuy@leo.bekkoame.or.jp
Nobuyuki Koukata