小野小町のお墓(伝)について

私の先祖はネぇ小野小町だよ??


 岸本町の日野川をはさんで大山の反対側、越敷山(227m)の麓に二つの村が並んでいる。ひとつは「小野」、そしてもう一つは「小町」。その小町にあるのが写真の「小野小町の墓(伝)」。石を積み上げた五輪塔は、平安の時代から苔むす時の流れを超えて、訪れる旅人たちにその絶世のほほ笑みで語りかけているかのように思える。(おお、文学的だ!!)「コマチちゃん」はこれにちなんで起用したもので、設定では小野小町の孫の孫の孫の孫の、、

 小野小町はご存知、平安時代前期の女流歌人として入試試験などにも出る売れっ子作家(?)で、六歌仙・三十六歌仙の一人に数えられる九世紀中ごろの代表的歌人だ。(と、大辞典には書いてあるなぁー)で、哀調を帯びた感情あふれる詠風ってことだなぁー、はぁー、ふぅー。古今集(古今亭ではないな)以下の勅撰集などにみえるので参考に、、、ほぉー。謡曲・おとぎ草子などの題材になったり、家集・小町集などなど、、、まあ、美人タレントが写真集出したり本を出版したり、、、まあ何だかんだ言っても、早い話、絶世の美女ってこったな。うん、これはナットクできる話だな。生没とも不詳とされていて現在も明らかではなく全国にいろんな言い伝えが残っている。なるほどねぇー。
(※右のかるたの写真は光琳かるた(講談社日本語大辞典より転載))

 でさぁー、やっぱり話題は「美人」のほうへいちゃうんだけど、ココが女性観光客の間で密かなブームになっているらしい。というのも、この積み上げた石(五輪塔という)の一番上と二番目の石をこすりあわせてできる白色の石粉を顔に塗ると美人になる!と言い伝えられているからだ。くれぐれも欲張ってチョォー美人になろうと一番下の石を動かさないように。腰抜けるぞ!!(笑)

 CB CLUBのキャラクター「CB(鴟尾)くん」と「コマチちゃん」、この二人、それぞれルーツの時代は白鳳・平安と違うものの何かの縁で(勝手に縁つくるな!)岸本町の案内役となってもらいました。越敷山という山を軸にして北側の大寺にCBくん、南側にコマチちゃん、今、越敷山は二人のデートスポットとして熱い!!(ウソウソ!!) しかし周辺には「グリーンパーク大山GC」他のゴルフ場もあり森林浴にも最高だ。ゴルフ好きのお父さんなら、「パパ、ゴルフ行ってもいいよ」などとそそのかして、お母さんは、ちょっとナイショのスポットに行ってくるから、などといいつつ、必死こいて、石をこすり合わせるのもいいカモカモ。

【交通】 岸本駅からタクシーで5分程度。

■コマチちゃんのボーイフレンド(?)、CBくんについて知りたい?
【知りたいカモ】 【聞きたくもないぜ】


岸本町クリッカブルマップへ
CB岸本町の目次へ戻る