RC CARは楽しいぞ!!
これが最速のMacだぁー?? 幸形ノブユキ


宣伝倶楽部米子デザイン室近辺には、なぜかRC(ラジコン)カー専用のコースが2つもあったりする。その一つは、何と公共施設(岸本町立)だから驚きだ。これは納税者として使うしかない?!というわけで週末ともなるとエンジンカー、電動カー入り乱れてのファイト。RCカーはモチロン走らすのが楽しいんだけど、ぼくらデザイナーとしてはついついペインティングの方にも力が入ってしまう。まあ、クラッシュしてすぐボロボロになっちゃうんだけどね、それもまた人生と割切る。せっかくペイントするならオリジナルで、目立つもの。そこで登場Term Apple ComputerのMac号だぁ!(カッコワルー)これが、かなりカスタムパーツ組み込んでるから早い。Power Macより早い?

コースでカッコヨク走ってるのを撮影したかったけど、僕はまだ超ヘタッピなので、コースを走ると皆さまにご迷惑が、、と言うわけで、Macの前での撮影となりました。全長40cm程の車体にハイパワーのモータ、アンプ、チューナ、サーボ、ニッカド電池を積載。カーボンパーツ、中空アルミパーツ、スタピライザなどで軽量化と硬性のバランスをとる。ギヤ比はモチロンのこと、オイルダンパーのオイルの硬性選びとか、かなりのスピードになるのでダウンフォースもマジに追及するのだ! タイヤだって本物さながらのシビアな調整が必要(らしい)。ラフにアクセルを操作するとあまりのハイパワーに全く前に進まない、その場でマックスターンを電池が無くなるまでクルクルと続ける物凄さ。予算は一般的な車体のセットとプロポ、電池と充電器など超入門セットで3万円程度から遊べる。しかし、ハマってしまうと30万、50万円と、まさにMacと同じ金食い虫へと。僕もすでに32MB SIMMが何枚も買えるほどの金額を貢いでしまっていた。しかし、セッティングし、走行テクを磨きタイムを少しずつ詰めていく(らしい?僕は超初心者)。よし、今度はエンジンカーに挑戦だ!(オイオイ)



「戻る」は他の休日の過ごし方----「進む」も他の休日の過ごし方(爆)
REWFF
CONTENTS

Senden Club Yonago Home Page since 1995 December

BGMに流れているMIDIファイルはYAMAHAから提供されたものです。
Copyright (c)1996. Yamaha Corporation. All Right Reserved.

snobuy@leo.bekkoame.or.jp
Nobuyuki Koukata